the BLACK Pirates

Buccaneer's LOG 海賊ブラック団の日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたのためにその4・『未踏の航路』編   (改定あり)

=ジャックの海戦にゅうもん=
『未踏の航路』になって、かなりの部分が様変わりした。
操作の詳細とかは他の情報系サイト様に頼るとして、今までに得た海戦のエッセンスに絞って話してみるぞ。ただ、俺らも日々試行錯誤中なので、これが最善とは限らない。耳半分ぐらいで聞いてくれ。

総じて、近接戦士から生産者まで、全ての人が活躍できる仕様に変わっている。これを参考に、みんなが海に乗り出す気になることを祈ってるぜ。そのほうが海賊の獲物も増えるしな! うはははー! んじゃいっちみよう!



あしたのためにその4・『未踏の航路』編
大きな変更点は、
いいヒゲ
最初にいいヒゲのおっちゃん が出てくるよーになった事と、
船の前後左右の移動等速化、砲撃、切り込み、修理要素の追加だ。


移動
以前は前進系が倍の速度で ある意味リアルだったのだが、前後左右で同じ速度になった。真横のカニ移動でも前進と同じわけだ。

また、頻繁に船の姿勢を変えない方が砲手が狙い易いため、前後左右斜めスライド移動の重要性が高まり、左折、右折、反転の使用頻度が低くなる傾向にある。

テンキーのマクロ割り当てを変更するなら、以前よりデフォルトに近い、こんな感じがお勧めかも知れない。例によって【Alt】+ を除くとより海戦向きだ。

  【NL】【/】【*】【-】
     ( )( )( )
  【7】【8】【9】【+】
   左前 前進 右前 反転
  【4】【5】【6】
   左横 停止 右横
  【1】【2】【3】【Et】
   左後 後進 右後
  【0】   【Del】
   左折    右折


空いている( )のキーには好きな戦闘/回復のマクロを。ただ、どれかに「仲間に反転の予告・カウントダウンを喋るマクロ」を入れるといいかも。これについては次の砲撃で解説しよう。


砲撃
所定のアイテムを持てば誰でも撃てるが、清掃、装薬、装弾、導線、点火→発射に時間がかかるのがポイント。

人数が許せば、やはり砲手は両舷それぞれに欲しい。右舷で撃った後、反転して左舷で撃つ…を繰り返せば、片舷のみよりも速い連射が可能だからだ。また、操船者は反転する前に、さっきの「反転予告マクロ」で仲間に知らせると良い連携ができるんじゃないかな。

さらに欲を言えば、砲のない相手の後方に占位してT字に横腹を向け(この場合横棒が自船)、反転連射を繰り返すのが理想だと思う。前後左右等速化したからこそ可能な戦法だ。自船の砲の間隔にも拠りそうだけど。

あと、砲弾には通常弾と散弾の2種類がある。船の耐久力を減らすのが通常弾、乗員を殺傷するのが散弾だ。相手の耐久力を減らせばその分早く切込みができるが、相手の砲手を倒して砲を沈黙させればこちらの損害を減らせる。

どちらが良いかは場合によるだろうが、俺たちは主に通常弾を使い、序盤の砲手の殺傷は弓や魔法で1人づつやっている。相手が減って一気にタゲを取られる危険が減ってから、散弾、爆弾、範囲魔法で掃討すると良いかもしれない。


切り込み
相手の船の耐久力が0になると、向こうの乗船ロープをWクリックして切り込み、倉庫を開けての略奪ができる。近接戦士が大いに活躍できそうだ。


修理
船の修理には大量の布と木材が要るけど、大工さんがいれば消費を抑える事ができるらしい。大砲の修理はインゴットと鍛冶師さんの出番かな?通常修理は陸地に接岸していれば可能なので、生産者さんが乗り組んでいると陸地を背にして持久戦ができそうだ。これは要検証だけど。


旧型船の戦い方?
旧型船は大砲を撃てないが、速度が速く船幅が狭いという利点がある。カニ横走りでガリオン船をブッチぎる爽快感を味わおう。すぐに撃沈されるという噂があるが、なに、当たらなければどうということはないのだよ。

当たらなければどうということはない(当たってたけど

相手に舳先を向けて敵砲の射線上に乗らないように気をつければ、弓、爆弾、射撃系魔法などで敵の砲手を倒すことができる。(NPC海賊との戦い (10/18) を参照→本日もう一度検証した。旧大型船と弓でNPC海賊船2隻の船長以外は倒すことができたぞ。)その後、新型船で砲撃して料理すれば、少ない損害で勝てるかも?


(改定)船の速度
2010年11月20日時点で、船の種類による速度の違いは、殆どなくなっている。
スタートがずれてるので揃ってないが、このままの位置で併進する
旧型船のメリットがひとつ減ったが、オーク船でトクノ船に追いつけないという訳ではなくなった。相手の速度が落ちるほどのダメージを、如何に早めに与えられるかが戦いの趨勢を分けそうだぞ。


石壁よさらば
海に石壁は張れなくなっている。自分の船体以外で移動を妨害する手段は海面への爆弾投げぐらいになってしまったが、砲撃で耐久が減ると遅くなるので、通常弾砲撃を頑張ろう。船上の毒・パラライズ等のフィールドを張ることはできる。


その他
これからは船を浮かべたまま放置すると結構危険だ(笑)。面倒でも倉庫を空にしてドライドックした方がいいぞ。あと、船は1人同時に1艘しか浮かべられない。大破した船を乗り捨てて他の船を浮かべたりすることはできなくなっているので気をつけよう。浮かべたら、修理用の木の板と布とインゴットを積むのを忘れないように。

以上~。またなんかあったらこの記事に追記するぞ。 野郎どもー、幸運を祈るぜ!
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

あしたのためにその3・攻防編

=ジャックの海戦にゅうもん=
さて今度は戦闘だ。 陸戦と違ってそうな部分だけ簡単に説明するぞ。 んじゃいっちみよう!



あしたのためにその3・攻防編



陸戦と違うのは、全員同じ船の上ってことだ。 みんなで戦ってみんなで死ぬ、ってゆーか一蓮托生? 移動もお任せ、各自やる事は決まってるって状態だから、その分タゲの集中や仲間の回復にも気を配る事にしよう。 きっと全員が仲間に貢献できるはずだ。



攻撃
攻撃手段は、爆弾、魔法、遠距離武器、動物などがある。

1.爆弾
誰でも使える攻撃アイテム。船上の大部分を焼ける火炎瓶を使えばさらに有効だ。素人の場合は錬金術UPのアクセをつけよう。

俺は単にPOTをWクリックするだけのUOAマクロを愛用している。タゲるのが下手って人はとりあえず爆弾を投げるといいかもな。投げ込む場所をみんなで示し合わせておくと、ある程度のタゲ集中も期待できるぞ。

ただし敵味方で青ネーム同士だと、爆弾は効かないらしいので注意。

2.魔法
狭い船上だから、毒壁で回復を妨げるのが特に有効だ。
さらに麻痺壁で船を分断してそこから出れなくしよう。あとは自分の十八番で相手を料理するまでだ。

3.遠距離武器
弓は、タゲった後で勝手に撃ってくれるので、忙しい操船者にも扱い易い武器だ。詠唱可能なものがあればメイジも装備すると良い。手裏剣や吹き矢は、陸戦と同じく毒を塗ってここぞというときに使おう。

4.動物
相手の船にテレポで飛べるユニコーンやルーンビートルのことだ。ユニコーンを満載したテイマーがいる船はとても手強くて、V*N時代に俺とアイラが手ひどく殺られたことがある。



防御

A.タゲ集中を防ぐ
全員1マスに固まると気休めになる。ただし毒壁や火炎瓶の範囲から出る時は一気に行かないと後が詰まるぞ。(まあたいてい麻痺壁につかまるのだが)

B.壁けし
毒壁や石壁を消すのは陸戦以上に死活問題となるので、Dispel Fieldはメイジの大事な役目になるぞ。

C.包帯
逆に狭さを利用して大活躍なのが包帯の巻き合いだ。相手を決めて包帯を巻くUOAマクロをいくつか組み、お互いをカバーしあう方法が効果的だ。

D.オレンジの葉
毒壁が多用される事が多いので、オレンジの葉を忘れず噛む事にしよう。

E.動物への対処
たくさんでこられた時はさすがに厄介だ。この場合はまず距離を置き、1匹乗り込んだら離脱して始末する方法を繰り返そう。

D.攻撃は最大の防御
相手がヤバいと思うまで攻撃しまくってこそ活路が開ける。多少毒にやられたぐらいでも慌てないことだ。攻撃の手数を減らした方が確実に負けるぞ。ガチンコでやりあう事が多い現代の海戦ではこれが鉄則だ。

E.引き際も肝心
これは操船者の仕事。頑張ってもダメな時もあるからな。乗員のHPゲージは必ず出して確認し、自船への足止めがなくなるタイミングと方向も見極めておこう。 彼我の状態を見て、押し切るときは押す、引くべき時はきちんと逃げることだ。



勝負のつけ方
よくロールプレイふうの陸戦だと、「死んだら蘇生しない」とか「離れた場所で蘇生して幽霊ローブで待機」といったルールがあるが、実は海戦では、なぜか伝統的に蘇生は自由だったりする。

ではどうしたら勝ちなのか? もちろん皆殺しにして誰も蘇生できなくすることだ。 船ならではの単純明快さ。



話のヨコ道:隠れた忍者に御用心
昔、舳先に固まってた敵を倒して乗り込んだら、忍者がトモに隠れてたことがある。 大反撃食らってそのまま連れ去られそうになったなー。 勝てないときのハイリスクな賭けの反撃技だとは思うけど、アレは正直カッコよかった。



話のヨコ道:近接戦士ならオープン戦?
海ではアルケミストやヒーラー、テイマーも活躍できて、しかもそこそこ同じ土俵で戦えるんだが・・・

やっぱ近接戦士がなあ。 アルケミアクセをつけて爆弾、包帯はできる。 んがしかしまあ、なにしろ突貫してなんぼのキャラだから、海戦では活躍できんと不満も多い。 今じゃ青ネーム同士で爆弾も効かないしね。

近接戦士が多くてどうにも遊べねえなあって場合、話の通じる相手ならタラップを開けたオープン戦を持ちかけてみてもいいぞ。

ふふふふ

でもこれじゃただのバカだ。
こんな感じで調整するといい。

どおだコレでわ斬り込めまい

a.開けたタラップに人が乗り簡単にクリックできなくする。
  馬やドラゴンに騎乗してやるとさらに難しくなる。
b.どちらか片方だけこっそり鍵を開けるがタラップは出さない。

さて、こうなると戦術もビミョーに変わるぞ。
いろいろ考えてみよう。

操船:
 ・斬り込みにくくすることを目的に動く。
 ・味方が斬り込んだら援護できるよう極力張り付いて動く。
 ・斬り込まれたら、続いて来られないよう動きまくる。
  まだ味方が斬り込んでないなら離脱するのもよい。
足止め:
 ・味方が斬り込むチャンスを作るのが主目的になる。
 ・自分の船体は使わず石壁主体で。
 ・完全に移動を封じる必要はなくなる。一時停止でよい。
攻撃:
 ・斬り込み隊はなるべく多くが同時に飛び乗るようにする。
 ・遠距離攻撃は斬り込み隊の援護が第一となる。
防御:
 1.斬り込んできた敵を集中して倒すのが優先となる。
 2.タラップ上の人員は極力動かないようにする。が、
   味方の斬り込み隊がピンチのときはタラップを開け
   てやらないとマズイので注意。



とまあ、こんなところかな?
海賊にゅうもんはひとまずおしまい。うまく説明できそうなら
戦闘機動編でもやろうかねーだけど、いつになることやら。

ではアディオス、海賊諸君。 こんどは海で会おうぜ! ノシ

(お わ り)

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

あしたのためにその2・足止め編

=ジャックの海戦にゅうもん=

よっ、げんきかね海賊諸君! ん? こないだ123の方とサシでやって負けたクセにだって? まあいいじゃん。 俺ももっと腕磨けってことだろうよ! んじゃ行くぜっ!



あしたのためにその2・足止め編


「船発見~!w」 「金出せゴルァ!」 ―いいぞぉ諸君! でも普通は逃げるわな。 そこで困るのが次の2点だ。

 ・どんなに回線速かろうがチート使おうが船は等速。
  大変残念な事に、海賊船にタァボは付いてない。

 ・陸地と違い、相手が地形に引っかかることは殆どない。
  ま、狭い湾とかなら別だけど。

確かに操船は大事だ。 だが海では、このように彼我の条件が良くも悪くもすこぶる公平に、単純にできている・・・実は操船の腕だけではなかなか有利にならないんだな。 そこで、相手の操船の自由を奪う、足止めの技術が必要になってくる。



基本
昔はフィールド魔法のどれかを船上に出せば足止めできたが、2005年1月のパブリッシュ29で変わった。

今では、足止めには次の2つを使う。
 1.メイジの石壁(Wall of Stone)
 2.自分の船体

そして狙うべきはここだ。(絵がヘタだが)
 A.前進を封じるポイント
 B.90度回転を封じるポイント
 C.後進を封じるポイント

Small Shipの場合:
      BBB
     C───AA
   /  □□□  \AA
  Ct□□□◎□□□◇AA 前→
   \  □□□  /AA
     C───AA
      BBB

Medium Shipの場合:
      BBB
    C────AA
  /  □□□□  \AA
 Ct□□□□◎□□□◇AA 前→
  \  □□□□  /AA
    C────AA
      BBB

Large Shipの場合:
      BBB
    C─────AA
  /  □□□□□  \AA
 Ct□□□□□◎□□□◇AA 前→
  \  □□□□□  /AA
    C─────AA
      BBB


フィールド魔法について
石壁は船上に出せない。 石壁を詠唱後クリックしても「乗員が通る甲板+左右1マス」では壁は出ないと覚えよう。 例外で「船倉より前」と「船頭より後」は、船上に見えるがクリックして壁を出せる。 ここは幅が狭い「1マス甲板の横」とともに、横移動も阻害する足止め効果が高い部分。 ただ彼我ともに動いてる状態でのことなので、最初に相手を止めるときは1マス前方を狙うぐらいが良いだろう。 なお、毒や麻痺の壁は、船上に出せるが障害にならず、船は止まらない。



実践
石壁の持続時間が10秒と短い事を考えると、壁出しにメイジを多く割く余裕がない限り、自分の船体も足止めに使った方が良さそうだ。 一例としては、

 1.石壁で前をふさぐ。
 2.止まった船の横腹に突っ込んで90度回転を封じる。
 3.船頭の後ろ(舵のあたり)を狙って石壁を出し後退、反転、
   左右移動を封じる。
 4.最初の壁が消えそうなら船倉の前(三角形の甲板あたり)を
   狙って壁を出しなおす。

1→3までやったところ。 ま、実戦だとこうまで綺麗にゃいかんけどね! こうゆう固め方もある。

また、このようにT字に突撃すると、味方が危ないとき反転して逃げる余地を残せる。 相手にはこちらの帆が壁だしの邪魔になるので、反転後はどちらかに斜め移動できるはずだ。 あまりこだわり過ぎて攻撃がおろそかになるとアレだが、船体も使った足止めはガチンコ勝負の攻撃になるからできればこうした方がいい。

だが、そもそもこの体勢にどうやって持ち込むの?については、彼我の位置関係や相手の操船の反応の速度や癖にも拠る。 ヒントとしては、?UOの画面は横長なことを意識する ?追われているときの位置関係は自分が調節できる ?追うときは回転よりもまず斜め移動が基本(この裏をかくこともできる) ?時には止まる事も有効なフェイントになる といったところかな。

とゆうわけで、足止めは操船者と壁だしメイジが連携したツープラトン固め技なのだ。 うまく決めて「うぉっしゃーー!」と拳を突き上げよう。 



話のヨコ道:爆弾で足止め
第3の足止め手段としては爆弾がある。 ただし3秒でなくなるので相手を固める目的では使えない代物だ。 だが、瀕死の味方を抱えて逃げ回るときにポイポイ放れば、追跡の足止めにはなるぞ。



話のヨコ道:またも船の大きさの話
90度、180度のターン系は、船の真ん中を軸に回転する。中心近くの船腹、船の幅3マス分に障害物があれば潰せると覚えよう。 ここで関係してくるのが、またも船の大きさだ。

Large Shipの場合、マストの1マス後ろが中心となる。 以下のようにマストの1つ前に壁を出しても実は回転できるので注意しよう。
    ─────■■■
  /  □□□□□  \
  t□□□□□◎□□□◇  前→
  \  □□□□□  /
    ───────

Medium Shipの場合、中心はマストで前のほうが後ろより短い構成になる。 するとどうなるか? 前が引っかかると、Mediumでは180度ターンもできなくなるのだ。 よほど愛着でもない限り、Mediumは使わないほうがいいと思う。
    ──────
  /  □□□□  \■
  t□□□□◎□□□◇■ 前→
  \  □□□□  /■
    ──────




とゆうわけで今日はここまで。
次回はたぶん攻撃編だ。 お楽しみに。

あしたのためにその1・操船編

=ジャックの海戦にゅうもん=

はじめに
えーここではこれから、海賊初心者のために、忘れ去られた海戦のイロハを伝えていくぞ。 え? 敵にも手の内がバレバレだ? ま、いいじゃんソレはそれで。 それに俺の知ってる事なんて大したノウハウじゃないしね。 逆に補足や訂正があればよろしゅう。

ではまず船の動かし方から。



あしたのためにその1・操船編


基本
【Alt】キーを押しながらテンキーを押すと、みんな以下の操船コマンドを口走り始めるぞ。 これがデフォルトのマクロだ。

【Alt】+
左横    前進    右横
  【7】【8】【9】

左折【4】【5】【6】右折
      停止
  【1】【2】【3】
抜錨    後進    投錨




応用(1):マクロを実戦向きにする

基本のマクロは分かりやすいが、あまり実戦向きではない。なぜか? それは 横移動(Left, Right) と 後進(Backward) は遅いからだ。 単位時間に1マスしか進まない。 基本にもないが斜め後ろも同様。
代わりに有効なのが、これだ。

 ●左前(Forward Left)
 ●右前(Forward Right)
  斜め前移動。これらは前進と同じく単位時間に2マス進める。

 ●ターン(Turn Around)
  船を180°反転させる。トリッキーな動きの上に
  前進系のまま速度を落とす事がない。

こうして考えると、遅い横移動よりも左折/右折、後進よりもターンを活用した方が船足が落ちず、戦闘では有利なことが分かるだろう。

そこで俺の場合は、こんな風に少し変えている。

左前    前進    右前
  【7】【8】【9】

左折【4】【5】【6】右折
      停止
  【1】【2】【3】
左横   ターン   右横


さらに【Alt】+ は取ってしまった。 陸戦でキー移動を使う赤目のギルマスが鼻を鳴らしそうだが、俺は陸戦の移動をマウスで、ターゲットをマウスホイールでやるから問題はない。

また、錨の上げ下げ(Rise Anchor, Drop Anchor) はテンキー以外に、逆に爆弾投げやスペシャルムーブのマクロはテンキー付近に割り振ってあるぞ。

以上、俺の例であって別にベストではない。
このへんは自分の好みで工夫するといいだろう。



応用(2):操船ツールを利用する
メイジなど戦闘でキーマクロを多用する人は、マウスクリックで操作できる操船ツールの方が便利かも知れない。 ただし公認ツールではないので、使用は自己責任でやろう。



練習
一通り操作を把握したら、海岸線ギリギリを引っかからないように船を走らせて練習してみよう。陸での移動と違って、クルマみたいにおおー操縦してるぜって感じで楽しめると思う。

船を陸から離さない心構え。やや海岸線をえぐりこむよーに・・・(キーを)打つべし打つべし打つべし! べスパーの街中を走り抜けるのもアリだ。

あと、なるべくなら操船は全員が覚えたほうがいい。 操船は頑張るとけっこう疲れるものだ。 ときどき替わった方が負担が減るし、動きや攻撃のパターンが変化するから相手の意表を衝ける事も多い。

慣れた人が増えると、船を分けて別働隊も作れる。 攻撃の集中が難しくなる反面、索敵や足止めがしやすくなるのでバランスを見て使い分けよう。 こうして船が2隻以上に分かれる場合は、UOAMサーバで互いの位置が分かるようにしておくとベターだ。

あと昔と違って、今は船の上から船を出すことができなくなっている。 別働隊を作る時はいったん何処かに上陸する必要があるので注意しよう。



話のヨコ道:船の大きさ
大した違いはなくてもこだわりが出る船のお話。

ターンを活用する人は長い船を好むようだ。 この場合、乗組員は前か後ろのどちらかに集めた方がいいかな。 俺のおんぼろジェニィ号もこのタイプだ。

かつて海賊V*Nのライゼンは、陸地にいる敵を攻撃するとき、乗員を後ろに集めて相手の反撃を遅らせ、ターンした瞬間に一人を集中、という戦術をとった。また長い船だとターンして瀕死の仲間を射程外に逃がせる場合もある。

逆に小さい船だったのが往年のGENちゃんと赤ひげ号だ。 1人で海賊するほど腕が立つ奴だったから、比較的壁で止められにくいのと、左折右折で引っかかりにくい利点を取ったのかもしれない。 よく別働隊を買って出ていた。



とゆうわけで今日はここまで。
次回はたぶん足止め編だ。 お楽しみに。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

09 ≪2017/10≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


最近の記事+コメント


QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

海賊ブラック団

Author:海賊ブラック団


掲示板


お知らせ



カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。