FC2ブログ

the BLACK Pirates

Buccaneer's LOG 海賊ブラック団の日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたのためにその2・足止め編

=ジャックの海戦にゅうもん=

よっ、げんきかね海賊諸君! ん? こないだ123の方とサシでやって負けたクセにだって? まあいいじゃん。 俺ももっと腕磨けってことだろうよ! んじゃ行くぜっ!



あしたのためにその2・足止め編


「船発見~!w」 「金出せゴルァ!」 ―いいぞぉ諸君! でも普通は逃げるわな。 そこで困るのが次の2点だ。

 ・どんなに回線速かろうがチート使おうが船は等速。
  大変残念な事に、海賊船にタァボは付いてない。

 ・陸地と違い、相手が地形に引っかかることは殆どない。
  ま、狭い湾とかなら別だけど。

確かに操船は大事だ。 だが海では、このように彼我の条件が良くも悪くもすこぶる公平に、単純にできている・・・実は操船の腕だけではなかなか有利にならないんだな。 そこで、相手の操船の自由を奪う、足止めの技術が必要になってくる。



基本
昔はフィールド魔法のどれかを船上に出せば足止めできたが、2005年1月のパブリッシュ29で変わった。

今では、足止めには次の2つを使う。
 1.メイジの石壁(Wall of Stone)
 2.自分の船体

そして狙うべきはここだ。(絵がヘタだが)
 A.前進を封じるポイント
 B.90度回転を封じるポイント
 C.後進を封じるポイント

Small Shipの場合:
      BBB
     C───AA
   /  □□□  \AA
  Ct□□□◎□□□◇AA 前→
   \  □□□  /AA
     C───AA
      BBB

Medium Shipの場合:
      BBB
    C────AA
  /  □□□□  \AA
 Ct□□□□◎□□□◇AA 前→
  \  □□□□  /AA
    C────AA
      BBB

Large Shipの場合:
      BBB
    C─────AA
  /  □□□□□  \AA
 Ct□□□□□◎□□□◇AA 前→
  \  □□□□□  /AA
    C─────AA
      BBB


フィールド魔法について
石壁は船上に出せない。 石壁を詠唱後クリックしても「乗員が通る甲板+左右1マス」では壁は出ないと覚えよう。 例外で「船倉より前」と「船頭より後」は、船上に見えるがクリックして壁を出せる。 ここは幅が狭い「1マス甲板の横」とともに、横移動も阻害する足止め効果が高い部分。 ただ彼我ともに動いてる状態でのことなので、最初に相手を止めるときは1マス前方を狙うぐらいが良いだろう。 なお、毒や麻痺の壁は、船上に出せるが障害にならず、船は止まらない。



実践
石壁の持続時間が10秒と短い事を考えると、壁出しにメイジを多く割く余裕がない限り、自分の船体も足止めに使った方が良さそうだ。 一例としては、

 1.石壁で前をふさぐ。
 2.止まった船の横腹に突っ込んで90度回転を封じる。
 3.船頭の後ろ(舵のあたり)を狙って石壁を出し後退、反転、
   左右移動を封じる。
 4.最初の壁が消えそうなら船倉の前(三角形の甲板あたり)を
   狙って壁を出しなおす。

1→3までやったところ。 ま、実戦だとこうまで綺麗にゃいかんけどね! こうゆう固め方もある。

また、このようにT字に突撃すると、味方が危ないとき反転して逃げる余地を残せる。 相手にはこちらの帆が壁だしの邪魔になるので、反転後はどちらかに斜め移動できるはずだ。 あまりこだわり過ぎて攻撃がおろそかになるとアレだが、船体も使った足止めはガチンコ勝負の攻撃になるからできればこうした方がいい。

だが、そもそもこの体勢にどうやって持ち込むの?については、彼我の位置関係や相手の操船の反応の速度や癖にも拠る。 ヒントとしては、?UOの画面は横長なことを意識する ?追われているときの位置関係は自分が調節できる ?追うときは回転よりもまず斜め移動が基本(この裏をかくこともできる) ?時には止まる事も有効なフェイントになる といったところかな。

とゆうわけで、足止めは操船者と壁だしメイジが連携したツープラトン固め技なのだ。 うまく決めて「うぉっしゃーー!」と拳を突き上げよう。 



話のヨコ道:爆弾で足止め
第3の足止め手段としては爆弾がある。 ただし3秒でなくなるので相手を固める目的では使えない代物だ。 だが、瀕死の味方を抱えて逃げ回るときにポイポイ放れば、追跡の足止めにはなるぞ。



話のヨコ道:またも船の大きさの話
90度、180度のターン系は、船の真ん中を軸に回転する。中心近くの船腹、船の幅3マス分に障害物があれば潰せると覚えよう。 ここで関係してくるのが、またも船の大きさだ。

Large Shipの場合、マストの1マス後ろが中心となる。 以下のようにマストの1つ前に壁を出しても実は回転できるので注意しよう。
    ─────■■■
  /  □□□□□  \
  t□□□□□◎□□□◇  前→
  \  □□□□□  /
    ───────

Medium Shipの場合、中心はマストで前のほうが後ろより短い構成になる。 するとどうなるか? 前が引っかかると、Mediumでは180度ターンもできなくなるのだ。 よほど愛着でもない限り、Mediumは使わないほうがいいと思う。
    ──────
  /  □□□□  \■
  t□□□□◎□□□◇■ 前→
  \  □□□□  /■
    ──────




とゆうわけで今日はここまで。
次回はたぶん攻撃編だ。 お楽しみに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boucanier.blog82.fc2.com/tb.php/130-1a199ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

11 ≪2018/12≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事+コメント


QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

海賊ブラック団

Author:海賊ブラック団


掲示板


お知らせ



カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。