FC2ブログ

the BLACK Pirates

Buccaneer's LOG 海賊ブラック団の日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月30日(2) 海賊郵便とバルバス船長

=焼肉海賊ジャックの日誌=

スパークの青空酒場。 Spark「なんなら 今から 密輸して 持ってきますよー? なぁに うちは 鮮度が第一なのさ! ははは えーと、それと**さん (着替える時は)ハイドをしたほうが… うーん・・・ 不可抗力! **さんのPDを開いていたので… !? だ、だから ふかこうりょ !!! 獲物が ごつくなってる! Guard! 死ぬ、死ぬ! ぎゃあああああ あ いま どさくさにまぎれて 兄上からも アタックが・・・ しかも今のパラブロウで とーにーかーく 兄上に限らず 他の人には なるべくなら見られたくないので  ノシ だから 城とかでハイドして視線を切れば… さっきも今も あわててPD閉じてますよっ だから未遂未遂! 違いますよ! さっきのは **さんが 新しい服に着替えたでしょう? だから クウォータービュー上と PD上と ええ、変な意味でなく どんなものかと 確認しますよっ で、そのまま 閉じ忘れていると 大変なことに。 というわけで 私以外にも ええ なので できれば 城のステップに 乗って… なんでもないですって! 私がしてた! うはは さて それじゃ そろそろ 本題に入って Izayoiさんからの 服毒自殺のご下命ですが…」

Jack「スパークも誰かに回すと良いよ 郵便」 Spark「不幸の手紙なんだ…?」 Jack「ハイこれ便箋」 Spark「こんばんは 行くぜええええええええ!」*ゴクゴクゴク*

Spark: * Spark is wracked with extreme pain. *

Spark「おりゃああああああ!」

Spark: * Spark is wracked with extreme pain. *
Spark: * Spark is wracked with extreme pain. *
Spark: * Spark is wracked with extreme pain. *
Spark: * Spark is wracked with extreme pain. *
Spark: * Spark is wracked with extreme pain. *
Spark「わが人生に未だ悔い有り!!!!!」*がく*

Bailone「あるんだ」 Lycoris「^^」
Jack「なんかもうぎりぎりだね」

誤算だった。 スパークはボケるのにお客の相手に忙しくて悠長に手紙を書いてる暇とかないのである。 (ま、何度か出してだんだん回してきゃいいんだしねー) と周りの喧騒に耳を傾け(スパークの毒が3回ぐらい回ってき)てた頃だ。 Balbas「おおう 海賊!」 よく見たらバルバス、海賊帽かぶっていた。 Balbas「海はいいぜぇ 陸では襲わンから 安心しろ」*ヒック*

がやがや… Balbas「バイロン あまってない?」 Bailone「普通の網? あるけど?」 Balbas「調子こいて 投げすぎた」 どうやら、なんとそのよーな事までされておるらしい。 Balbas「なな ヒマなら今度 レースせんか」? Jack「レース?」

Balbas「操船技術を上げたい どっかの海域2周とか。」 Jack「爆弾投げないのお?」 Balbas「それはいいが 俺砲手だぞ 結構いてえよ」 すげぇよなんて不敵な漢だ! とゆうのは隠して俺は答えた。 Jack「だったら ベスパーの中回るか」 Balbas「中ってああた 狭すぎッ」 Jack「だから腕の差が出るんじゃン」面白いんだけどなー Balbas「操船のレベルじゃ ねえような」 確かに。 その時は考えてる暇がなかったが、ちゃんとヤるなら狭い海域のレースより、広いとこで相手を足止めしたほうが勝ち、とかの方が良さそうだった。

Jack「まあいつでもやるよぅ 今日も船だし」 Balbas「ウンム トレーダー船だから 荷がおめぇえ」 Jack「なぁにトレーダーって」 Balbas「交易船の意だ コールセアだから 気をつけろよ フヘヘヘ」 kirry「コールセアってなに?」 Balbas「コールセアとは 私掠船の ことであーる ようは海賊行為も たまにOK ってこと」 Jack「んー そりゃいいこった」

kirry「じゃあ そのうち バルバスに 高級布とか運んでもらおうかしら」にしし Jack「そだね 布が実は 地域性がとても高い お勧めの品ですな」  Balbas「うーん 俺はおもにジンジャー 食料品交易商」 kirry「食べ物ねー」 Jack「そりゃまた リスキーな品ではある」 Balbas「ジンジャーは 体にいいぞ」 Jack「そうなんかー」 Balbas「ちと海事やるには おそかったが しゃあない 陸じゃもうどうにもならんしなぁ」 (そうなのか? Jack「ま おたがいがんばろうやー 俺はまーてきとうに 海で待ってるけん またな船長!」 Balbas「うんむ 海で生きる兄弟よ! いきてりゃまた会おう!」

てなわけで酒場を去りかけた頃、先程から何だかあちこち飛び回っていたスパークに呼び止められた。 Spark「兄上」

ほとんど画面外だったので帰っちゃおうとしたが、ふと思い直して帰ってみた。 Jack「なんかよんだ」 Spark「時間はありますか? あと1時間か2時間」 Balbas「すまんが 俺はこれから ***しにいく」 
Jack「ないことも なくはない」

Spark「金貨10万枚で雇います

kirry「!?」 Jack「!??       (つづく)
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boucanier.blog82.fc2.com/tb.php/150-45314a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

10 ≪2018/11≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事+コメント


QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

海賊ブラック団

Author:海賊ブラック団


掲示板


お知らせ



カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。