FC2ブログ

the BLACK Pirates

Buccaneer's LOG 海賊ブラック団の日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船頭の救出

こんな時にjinがオンライン。「jinた~すけてぇ~ぃ」「おうおう どうした」
俺からざっと話を聞くと、驚きながらもテキパキと布と木材を調達して、おまけに赤矢500本まで補充してくれた。鍵を床にポイ投げして、ゲートまで要求する、俺の手放しの頼りっぷりには流石の相棒キャラも閉口していたが。「行こうぜ」
jin: Vas Rel Por - Gate Travel

泣かせるぜ、船頭ちゃん。
: ……お手上げですぜ、旦那。
: アイアイ、サー。
: ……お手上げですぜ、旦那。

「ほらね」 「波の音が切ないな」 「なんか泣かせるぜ、船頭ちゃん よし、応急処置だ!いまなおしてやるからな」ポチ

115ヤードの布と45本の木材で応急修理をしました。最低速で船は動けるようになりました。応急修理が持つのは5分が限度です。大砲の使用や砲撃を受けると修理部分は破損し、あなたは海のもくずとなるでしょう! 応急修理で耐えられるのは、あと5分です。

Jack Shandy: Forward
: アイアイ、サー。    ギギ・・・ギ・・・・

「うわーおそい」 「ううむ 応急処置だから ちゃんと修理しないとだめなのか」 「5分が限度だって」 「!! でけえのがいるぜ!!!」 「やばっ」 ごごーん ごごーん この状態で会敵はまずい。俺達は何とか遅い船をなだめ、巨大なNPC商船の進路からそれた。陸が遠い。「もうすぐだが・・・上陸できるかな」

応急修理の効果が切れた!

「ぬおおお」 「目の前でw」 一旦戻って、また資材を持ち出すことになった。うーむ、布と板は船倉に入れといてもいいかも知れん。

「よし!できたー!」 陸に上がって船をドライドック。ちなみにもう一度浮かべてみたが、舵は崩壊寸前のままだった。(※この時俺は読み間違えて、通常修理はシーマーケットでしか出来ないと思い込んでいた。)

「ほれ これ使え」ぽん jinの船は small shipだった。走り出すとめちゃくちゃ速い。「さっきの 青い船 まだいるかな いってみるか」今日はまだ暴れてない jinがやる気になっていた。 「船頭がやられたのは 船尾を大砲に向けたからだとおもう」 「ほうほう」 「うまくやってみる」 キーコキーコ

商船に戦いを挑む

この後、残念ながら2人で臨んだリベンジはうまく行かなかった。商船はオーク船よりも手ごわいかも知れない。jinが集中されて何度か転がり、とうとう今回の小船も舵を破壊されて動けなくなった。これは俺の操船ミスかもしれないが、船の長さが短かったせいかも知れない。長い船でT字接敵を保てば、舵と船頭を射程外にしたままで襲えるのか?ここがまだ検証すべき点として残った。

まあ、PC同士の場合はそんなにうまく位置取りが出来るとは思えないから、やっぱり新しい船が必要になりそうだが。まあ、なんにせよ

: あー! サーペンツホールドであっしが出会った男の話をしましたっけ? 忍者に襲われた奴の話を。 なに、つまらん話でさ。

「船頭ここで小話をしなくても・・・」 「oooOOOOOOooOOoOOo」
船頭のキャラが妙に立っていた1日だった。
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boucanier.blog82.fc2.com/tb.php/187-34daba5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

08 ≪2018/09≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索


最近の記事+コメント


QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

海賊ブラック団

Author:海賊ブラック団


掲示板


お知らせ



カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。