FC2ブログ

the BLACK Pirates

Buccaneer's LOG 海賊ブラック団の日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月13日 操られた男

=焼肉海賊ジャックの日誌=

――――――――――――――――――――
 親不孝亭。「グラたん? グラ(※グラナーダ)のことを好きなやつってことかもよ」ただものさんが珍説を展開する。 「とするとヒロカズ?」 「なるほど!ってか最近そっち方面だな。ひひひ」エリックが冷やかす。 現在ただものさんは忍者の雲霧ちゃんと うひひひ だからだ。

 そうしてると、黒装備の男女がやってきた。 俺はよく見もせずに酒を薦めていたが・・・ 「ち、よく見りゃSRかよ」 ダフニス、ディアナにマキだった。「今日は少々用事があってね。。フフ」 「今さらおっとり刀で海賊退治にきたんか?」 ダフニスが言い放つ。「スパークよ、汝の指輪への忠義 見せてもらいましょう」 へ? 俺はもう1人ついて来ていた黄色い男を見て、やっと気付いた。

 スパークだった。

 「ぶははは ひーひー おかしいなこりゃ」 「面白いでしょ?フフ」 「何か勘違いしてねえかSR? 俺の弟はな・・・指輪なんかなくても 俺とは殺しあうんだよ!」 「どっちにしろ、あんた達が目障りなことに 変わりはないわ」 ディアナが答え、スパークがうわごとのように呟いた。 「海賊ジャックシャンディ―― 漆黒騎士団の命により 殺害する。」

 俺は最初、見物しようとしていたダフニスを狙ったが、さすがにスパークがそれをさせなかった。 海賊仲間はエリックに、途中から2パックも来ていたが…俺はそれに気付かず、指示も出せずじまいという三流以下の指揮で、結果は俺とスパークの1onとなる。

 Jack Shandy: Divinum Furis
 Spark: Consecrus Arma
 *Lightning Strikeを繰り出した!* 

「仲のいい兄弟ですねぇ」 「いいもんでしょう?」 まるでキツネ狩りを楽しむかのようなダフニスとマキの横を、かつても、騎士の技で殴りあった兄弟たちが駆け抜ける。

 「あっちで死んでるぜ」俺が勝った。「次はお前か? マキ」 「いや 十分にデータは とれたとおもうよ」 「データってなんだ」 「さっきも言ったが 指輪の実験を しているのさ。 アンタの刺客として スパークを送り続けるんで よろしくな」 「兄弟水入らずで 楽しんでね」 「そういうお前を殺れば面倒は なくなるのかな? ダフニス」 「指輪がなくなっても襲うんでしょう? フフ」 「指輪の力 影響がどこまであるのか 見てみたい」 「壊れるだけだと思うぜ」 「バンパイアは不滅だよ」 「キョウイチのあれ 見てないのか」 「そのための調査よ」 「不滅が・・笑わせる最期だぞ」 「忠告はありがたく受け取っておくわ」 「死など 大した意味はない」

 「ミストレス・ダフニス。先ほどの忍者がここを嗅ぎ付けてこないうちに引き上げましょう。」スパークはすっかりダフニスのナイトだ。 「ダフニス。あんたを殺して指輪を奪うとするじゃん?・・・スパークは俺の奴隷に?w」 「かぎつけられたようですね・・」 「させない約束さ。去れ、ダフニス」奴らは去って行った。 「毎日兄弟げんかか。(スパークに)酒代ぐらい持たせてやれよ」「ちぇ、いつか奴隷にしてやるからなーー!」 「嫌な台詞だ・・」

 その後、エリック、2パックと海で獲物を探し、帰りに動物園を見に行った。 「かえるだけ・・・」 「入場者 少なすぎて 倒産ですか?」 「うわ、なまなましいな。ロイヤル・ズーが聞いて呆れるぜ」  動物たちすら逃げ出した世界で、スパークは指輪にとらわれている。

 エリックが呟く。「スパさ 毎回襲われるのもだるいから 開放する方法探してみるか?」 「ん。でも・・・賢者の塔はなくなってるらしい」 「ふむ」 「誰がこの手のことに詳しい? 見当がつかんな」 「だが賢者自体は居るだろう。 さらってご協力願うか? まあ色々調べておこう」 (お わ り)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boucanier.blog82.fc2.com/tb.php/44-23e5ffb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

11 ≪2018/12≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


最近の記事+コメント


QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

海賊ブラック団

Author:海賊ブラック団


掲示板


お知らせ



カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。