FC2ブログ

the BLACK Pirates

Buccaneer's LOG 海賊ブラック団の日誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月10日 グラタンの好きな人

=焼肉海賊ジャックの日誌=

――――――――――――――――――――
1.おいねぇ状況

 親不孝亭。 「一つ聞いていいか?ブリゾ。何の仕事してるんだ?昔から」 「ん?それは、まぁ…」 ベルトホルドとブリゾが、先生とプーの卒業生のよーな会話を繰り広げていた。

 「フ、今は某国に雇われていてね…」*偉そう* 「へー、そいでそいで?」 「まぁ、そろそろ契約が切れるんで」 「だめじゃん」 「ともかく残り数日と言うところで おいねぇ 状況になってね…」

――――
【おいない(おいねぇ)】 いけない。よくない。悪い。マズイの意。
 (英)bad  (例)おいねぇーのー(いけないなー) 
 「それは、おいないですよ」は実は標準語になっていないので、注意が必要。
 ブリゾの出身が、何故べスパーの片田舎なのかが垣間見える言葉でもある。

――――

 「それでジャックさんに少々お話が…」 「何だ、金なら無いぞ(キッパリ」 「ちょっと外でよろしいかな?」 「いいぜ?」テクテク 「・・・オレは帰るか」 「いや、かまわんさ」スタスタ

 「で?どんなおねがいだ」 「フ、貴方の命が欲しい(クールに」

 *すぐに投げろ!*「そうか」 ヒョイヒョイ 「え、ちょ、クールに返された…」 「ほれ、とってみろ」..2...1...*ドガン!!*

――――――――――――――――――――
2.戦闘

 実際には、クールなんてもんじゃなかった。俺はヒイコラ遁走し、ブリゾが追撃を諦めてから奇襲、普段使わない騎士の技から透明馬まで使ってやっと倒したのだ。 狭い屋上を指定されていたら、こっちが殺られていただろう。 ベルトホルドが蘇生している。 俺は死体を漁ったが、指令書みたいのはなかった。

 「しけてんなー金目のものないし」 「フ…」 「てか さっきの話につながるんだろ?解雇されそうって」 「んー、こんな俺でも殺れないとなると・・・消されそうですね(ボソ」 「え、ちょ…」 「うむ 短い付き合いだったな。忘れないぞ。」 「こ、こいつぁ おいねぇぜ…」 「どうするよ」 「ここはいっそバックレテ海賊だろ」  「んー弓が暴発しそうだ。まずは身づくろいしたら?」 「・・・不覚」ごそごそ

 「で、端的に言うと 誰だ」バシュバシュ 俺は無抵抗のブリゾーに次々と矢を放った。 「え、ちょ…」ドスドス  「だれだって いってんだよ」 「そ、それは 口が裂けても言えねぇぜ…」 「だれだ。海賊を舐めんじゃねえぞオラ」Consecrus Arma - vinum Furis 「うは ブリゾ、命は大事だぞ」 「・・・弁護士が来るまで何も話さんぞッ」 「ほう」*You are attacking Brizo!* バスバスバス 「あ、スイマセン…」 「上にいこか」テクテク 「やれやれ、おいねぇ事になったぜ…」トボトボ

――――――――――――――――――――
3.尋問

 俺は座ると懐柔策に出た。「――まあ、仕事だからよ。そうそう辛い立場も分かるぜ? だがなあ 海賊を1人で殺ろうなんざ思われると、俺も後が辛えからなあ」つーわけで吐け 「フ、それを吐いたら殺されちまうぜ・・・」 「行方をくらませよ。追っ手があるなら、どんな裏ルートででも運んで見せるぜ?」 「・・・そうだな。そもそも帰っても安全かどうか わからん」 ベルトホルドが、今にもカツ丼を頼みそうなノリで同意する。 だが、ブリゾは言った。

 「――ここで吐いたら 一生俺は 『プ、brizo』 だぜ?」

 俺はそこに、たとえ最後の崖っぷちだろうと、既に人に笑われていようと踏みとどまろうとする、本物の男の意地を見た。

 「わかった。とっても想像できちゃう 生々しい光景だった」 「え、そんな…」 「ていうか手遅れだ。これで帰った時点で」 「もういい、じゃあこうしろ。バカな俺がどう転んでもわからなそーなヒントをくれ。それなら吐いたことにはならんだろ」  「えーと」 「俺にも少しはチャンスがある。どうだ、フェアだろう」 「く…確かに…」

 *カタン*「ま、オレは 聞かないで置こう」ベルトホルドが気を利かせて帰った。 俺とブリゾだけが対峙する。 「他の海賊なら12回は死んでるとこだ」 「うわ…仕方ない、か…」 「そうだ、仕方ない。運が悪かったんだ」 「自分の命を狙われて気にしない奴などいないからな…(シリアスに」 「ああ。心当たりがたくさんありすぎて特定できん」 「うーん、どんなヒントを…」 「自分で考えて、自分で決断を下すのが冒険者だ。覚悟を決めな」

 「…奴の好物はグラタンだ」

 「・・・・」ほんとに全然分からん。 俺は「なんだと?!そんな・・・バカな、アイツの筈は・・・!!」とゆうよーなリアクションを入れてみたものの、そんなもんで分かる筈も無かった。 「フ、自分の胸に手を当てて思い出してみなよ」 ブリゾもノリノリだ。

 「ふふふ、だが、まあいいだろうッ ――これから俺は、敵に会うたびに こう問うことになるだろうぜ! 『時におめえ、グラタンは好きか?』ってな!!」

 「フ、クールだぜ…」 分かるわけねーだろ。 3人中2人は はい と答えそうだ・・・もはやツッコミがいない今、どこまでもボケる2人であった。

――――――――――――――――――――
4.奴の行く末

 「もういい、いっちまえ。また襲ってきてもいいぞ」 「いや…俺はこの任務を降りるとするよ…」 「それで生きて帰れるのかよ。こすっからそうな雇い主だ」 「フ、自分を襲った人間に向かって言う言葉とは思えないぜ」 「俺は客観的だからな」 「・・・とりあえず、アンタには助けて貰った事になるからな。この借りは何時か返すぜ。 うん、いつか。 きっといつか」

 「――そんなふうに感じてるなら、今ここで殺すぞ!?」 「え、ちょ…」 「ケッ、甘い海賊なんて評判立てられてみろ!商売によくねー。 そーだやっぱ殺そうソレがいい 10数えるうちに退散しな。10,9,8,7,6,5」

 そう、俺は確かに、ブリゾに 海賊になるか死か を選ばせても良かった。 だが奴は、踏み止まるかもしれなかった。 挽回するかもしれなかった。 海賊ではなく、まだ英雄になれる男かも知れなかった。 まあこの後、もし転げ落ちて追われたとしたら、ソレはソレだ。 その時こそ、俺は甲板でこいつに背中を預けることになるのかも知れなかった。 だがそれはまた、別の話である。

 ましてや、その 海賊になる とゆーやり取りを俺がスッカリ聞いてなかったなどと言うわけではない。 いやもうそれは、断じてそうゆうワケではないのである。

 「やれやれ。フ…また会える日を楽しみにしているよ(クールに」*ヒラヒラ* 「そろそろ1」 「え、ちょ…」

 「うはははははは!」Consecrus Arma - Divinum Furis *ズッギャーーン!!* POTと騎士魔法で体を膨れ上がらせ、哄笑し、弓で射掛け、追いたてながら・・・俺は、嬉々としてブリゾの行方をこうして見送ったのだった。 (お わ り)
スポンサーサイト

コメント

ふむ・・・

そうか、グラタンか・・・
調べてみるとするか・・・
ってわかんねえよ。
というより相変わらず金にならん事やってるなあ。

本当に「グラタン」といったのだろうか?「グラたん」の聞き間違いではないのだろうか。

皆のセリフは、多少はしょるけどログの編集みたいなもんなので・・・確かにグラタンと言った。 尤も、ジョンさんの思った通りだった訳だが… ちなみに、俺には本当に見当がついていなかったという。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://boucanier.blog82.fc2.com/tb.php/45-4914da8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

カレンダー

10 ≪2018/11≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


最近の記事+コメント


QRコード

QR

FC2カウンター

プロフィール

海賊ブラック団

Author:海賊ブラック団


掲示板


お知らせ



カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。